MEISTERSINGER NEW MODEL 2021

ASTROSCOPELimited Edition of 100 pcs

The Astroscope shows itfrom its sunniest side

マイスタ-ジンガ-は今年ブランド創立20周年の記念すべき年となります。
今回、記念すべき年の第一弾としてASTROSCOPE(アストロスコープ)シリーズから限定モデルを発売いたします。
人気シリーズのアストロスコープは古代からさまざまな曜日に起因する天体に関連して、これまでにない方法で曜日を表示しております。

ASTROSCOPE Limited Edition of 100 pcs

今回の限定モデルの文字盤に表している数字は細かいセリフ書体で描かれ、曜日を表している天文学のシンボルはルミナスオレンジで施されており、白針と合わせて、夜も簡単に時刻を読み取ることができます。
マイスタ-ジンガ-のロゴの上には、地平線が広がり、天を見上げているような印象を与えます。新しいモデルには、文字盤のオレンジに合わせてサンシャインオレンジの非常に柔らかいカーフスキンのウォッチストラップが付属しています。
アストロスコ-プは裏蓋を6本のネジで固定されており、シースルバックのガラスから中のムーブメントを見ることが出来ます。
ケースは、直径40mmの細身で、最大5気圧の耐水性を備えています。

アンティークの遺産

私たちの時間を昼と夜、そして1年を12か月に分けて、誰もが認識して、観察できるのは太陽と月です。
ただし、7日間の週への分割は、特定の天文学的リズムには従いませんが、神話的な背景があります。
この方法は、他の多くの人々と同様に、7番が特に神聖であり、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星の7つの天体に関連していると考えたバビロニア人にまでさかのぼる可能性があります。
ほとんどの惑星がローマ神話にちなんで名付けられているように、ドイツ語と英語の両方のほとんどの曜日は、北欧神話から対応する名前を取ります。歴史を通して、天体への曜日の割り当ては、時の試練に耐えてきました。

ダイヤルDAY表記

月曜日 Monday, the Moon
火曜日 Tuesday, Mars
水曜日 Wednesday, Mercury
木曜日 Thursday, Jupiter
金曜日 Friday, Venus
土曜日 Saturday, Saturn
日曜日 Sunday, the Sun

天体の調和

これらの天体とその古典的なシンボルを使用して、天体鏡は曜日を直線的または放射状に表示するのではなく、北半球の南の夜空で10〜12年ごとにのみ発生する星座を前後にさまよっています。
アストロスコープは、このフォーメーションを文字盤で表しています。月曜日12時位置に月のアストロスコープに明るい点が表示され、翌日は火星のシンボルに明るい点が表示されます。水曜日は9時位置の水星の隣に現れます。木曜日は3時位置の木星の隣に。
ただし、実際には、前後にジャンプすることはありません。文字盤の下には、天体力学の世界と同じように、明るい点がたくさんある大きな曜日の円盤が、ある日から次の日へと一歩進んで、常に円を描いて動きます。これは、一本針で表示したときと同じくらい驚くべきものでありながら、理解しやすいものです。
要するに:それが理論的に聞こえる場合は、曜日と日付が表示された非常に読みやすい時計を簡単に楽しむことができます。

ASTROSCOPE Limited Edition of 100 pcs
ASTROSCOPE Limited Edition of 100 pcs ダイアル

Product Details

アストロスコープ ED-AS9020 世界限定100本
Movement
SW 220(自動巻)、38H パワーリザーブ
ケース径/厚さ
40mm/10.5㎜
ケース
ステンレススティール
風防
サファイアクリスタル
防水性
5気圧防水
ダイヤルカラー
オレンジ
ストラップ
レザーストラップ(オレンジ)
価格
286,000円(税込)
TOP